英語を扱うネイティブのless is more精神

こんにちは、ドラゴンです。

日本人には、
「多ければ、多いほどいい」
という精神性があります。

無いより有った方がいいという考え方です。

これは、仕事にでも出ますよね。

ビジネスメールでも、
無駄な文章をごちゃごちゃ付けると思います。

「結論をまず述べよ!」って感じですが、
変な御託を並べている方が無難なわけです。

もし、それを付けずに送って、
取引が無くなるよりマシだからです。

しないよりした方がいいに越したことはないですが、
これは日本語領域においてだけ、有効だということです。

そういう背景があるので、
日本語でも無駄に付け足しますよね。

でもとか、そして、とか、ただとか、
いわゆる「接続詞」と言われるものを多用します。

ある意味、仕方ないことですし、
ここに関して良し悪しを述べているわけではありません。

「そういうものだ」ということです。

ただ、この文化を英語に持ち込むと、
英語を話す感覚の人からすれば不自然になるのです。

今日は、そういった話です。

英語を扱うネイティブの感覚

さきほど、日本人の精神性を話しましたが、
英語を扱うネイティブの感覚は「less is more」です。

この言葉は、芸術家や建築家が愛した表現ですが、
要は「シンプルにこそ美がある!」という感じです。

転じて、ミニマリストにも好まれている考え方です。

「少なければ少ない方がいい」ってわけじゃなくて、
ある程度少なくして、その少なさを洗練させるわけです。

「無駄を省く」という感じですかね。

冒頭の話で言えば、
接続詞を出来るだけ使わないということです。

僕ら日本人からすれば、何か不自然に感じますが、
それは感覚が違うので当たり前と言えば、当たり前です。

ネイティブからすれば、
接続詞で付け足した英語の方が不自然に感じます。

もちろん、それでも通じますし、
意味も間違っているわけではないんですが。

例えば、
「時間通りにそれを終わらせようとしたけど、出来なかった。」
という文を訳してみてください。

日本人の感覚だと、

I tried to finish it, but I could not finish it on time.

になりますよね。

因みに、on timeは「時間通りに」です。

でも、ネイティブ的感覚は、

I tried in vain to finish it on time.

になります。

in vainは、「無駄に」という熟語です。

つまり、

無駄に終わらせようとした=終わらせることが出来なかった

という表現になります。

接続詞のbutが無くなった分、スマートになりましたよね。

文法上に否定は見えないですが、
否定的な意味があることで、文章自体が短くなり、
こっちの方が自然だったります。

では、これはどうですか?

「彼はその問題を解こうとしたがだめだった。」

He tried ??? to solve the problem.

???には何が入るかわかりますよね。

もちろん、in vainになります。

じゃあ、次は、in vainの応用にチャレンジしましょう。

He started a business in a vain attempt to become rich.

ちょっと嫌な例文ですけど。笑

一応、ヒント。

attemptは、「試み」という名詞です。

後、in vainがattemptとくっ付いているので、
in a vain attemptになっているのにも注目です。

さてさて、彼は起業に成功して、
金持ちになったんですかね?

答えは、Noです。

残念ながら、失敗です。

まぁ、これを読んでいる人で、
起業しようとしている人は、諦めないでくださいね。笑

僕も失敗してきて、今があるので、ぜひ挑戦を。

で、さっきのvainは否定に働くので、

「彼は、金持ちになるために起業したけど、結局上手くいかなかった。」

です。

こんな感じで、vainを使うと、
接続詞を使わなくて済むし、否定文にしなくていいし、
なにより、ネイティブライクになります。

英語を扱うネイティブの精神性が分かれば、
なぜ、こういった形を取るのかがわかりますよね。

ぜひ、英語でも無駄を感じで、省いていきましょう。

今日は、短いですけど、この辺で。

無料で英語学習の秘密を明かしました。

こんにちは、ドラゴンです。

現在は、世界を旅しながら、
ビジネスをしている25歳です。

僕は大学の英語の授業が嫌いで大学を中退しましたが、
海外移住を機に英語学習を再開することに。

ひょんなことから、
何ヶ国語も喋る言語学者や同時通訳の神様と呼ばれた人などと出会い、
わずか1年でバイリンガルに成長しました。

今では、その経験を通して、英語を教えています。

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記の記事を読んでみてください。

英語学習で能力開発し、和魂洋才を目指すドラゴンの理念

また、通常価格1650円の書籍が、
いま、期間限定で0円で読むことができます。

詳細は画像をクリック


また、電子書籍を受け取ると、
3000人以上が参加する無料メルマガも読めます。

学べる内容はこんな感じです。

・僕、ドラゴンがわずか1年でバイリンガルになれた秘密

・「聞き流すだけ」で英語が習得できるアレは本当に効果があるのか?

・科学的に大人が子供と同じ方法で英語を習得できない理由

・英語が喋れるように見えている人の英語はカタコトの英語?!

・英文法は覚えれば覚えるほど使えなくなるという罠とその解決策

・英語がペラペラになっても世界で活躍出来ない人の原因

・海外に出た日本人が知らないと恥をかく日本の正しい歴史

・海外で活躍するために必須のコロナ時代におけるビジネスの原理原則

・ 海外の起業家から学んだ自分だけのビジネスを作り個人で生きるノウハウ