石原さとみの現彼氏か元彼氏か知らないけど、彼がやっていた効率的な英語勉強法

こんにちは、ドラゴンです。

今日は、
「効率的な勉強法」
について話していきたいと思います。

では、いきましょう。

ほとんどの英語学習者に足りない習慣

僕は仕事柄、
勉強の習慣が身に付いています。

勉強はもともと嫌いでしたし、
大学も中退したくらいなので勉強が嫌でしたが、
今では自主的にお金も時間も費やしています。

収入のほとんどを勉強に使っています。

もちろん、それが仕事だからってのもありますが、
自分が勉強することで自分が成長するのは当たり前ですし、
その成長が他人にとって価値になっているからです。

そんな状況なので、自然と勉強するようになりました。

勉強してお金を稼いで、
稼いだお金でまた勉強するという具合です。

あの福沢諭吉が提唱した、
「学びて富、富て学びて。」
の状態ですよね。

まぁ、僕にとって勉強というのはもう当たり前で、
「どうやったら効率的な勉強と成長ができるのか?」
というのが自分の中でパターン化されています。

でも、周りを見渡しみると、
勉強しても成長していなかったり、
成果を出せない人が一定数います。

なぜ、同じ勉強をしているのに、
こんなにも成果が違うのかって不思議ですよね。

僕はそれがずっと不思議だったんですが、
勉強で成果を出す人とそうでない人の違いは、
あることをしているかどうかだったんです。

その違いがあることに気付きました。

それは、
「インプットした勉強をアウトプットすること」
です。

もうこれに尽きると言っても過言じゃありません。

僕がインプットする時って、
大抵、インプットする目的があります。

例えば、誰かに教えるためとか、
アドバイスをする経営者の問題解決のためとか。
(僕の本業は経営コンサルティングです。)

そのために、本を読んだり、
人に会って情報収集をしています。

そして、現場でアウトプットするわけです。

別にこれは口頭で人に話すだけに限りません。

僕がブログを書いているみたいに、
自分が学んだことを書き連ねてもいいです。

今やブログなんて無料で出来ますし、
有料で綺麗なデザインのブログを作るにしても、
月1000円とかで作れちゃいます。

直接でもネットでも何でもいいですが、
「とりあえず、学んだことを言語化する」
という作業が勉強においては必須なのです。

よく、勉強するために、
ノートを整理して書いている人はいますが、
あれは、単なるノートテイキングです。

本当のアウトプットというのは、
「人に教えながら言語化すること」
です。

そうしないと、
脳内に蓄えた情報や知識が整理されないんですね。

言語化して初めて、脳内が整理されるわけです。

ブログが難しければ、
TwitterやFacebookやInstagramとかでもOKです。

そうやって学びをアウトプットしていると、
自分の経験を全部血肉にしていくことが出来ます。

実際に読者がフォロワーが付いて
一緒に学び、教え合うこととかもあるでしょう。

ノートを整理するだけでなく、
それを実際に言語化して教えてみることが、
究極のインプットでもあるのです。

あの有名女優の彼氏(or 元彼氏)である前田祐二氏の勉強法

あの石原さとみの彼氏である、
前田祐二氏は知っていますかね?

SHOWROOMというサービスをやっている社長で、
今も付き合っているか、もうすでに別れているかは知りませんが、
その前田氏も人に教えながら英語を勉強していたらしいです。

学生時代に、英語を勉強したい思ったけど、
留学も英会話学校もお金が掛かるので出来ないとなり、
どうしようかと考えた結果、先生になったと。

まずは、NOVAの受付の仕事から始まり、
空き時間に生徒に英語を教えて、そこから講師になったらしいです。

「英語を教えるからには、勉強しないといけないよね。」
と思い、必死に勉強したと言っていて、

これって、非常に理に叶っていると思います。

人に教えるから必死に勉強するし、
人に教えることでも脳内が整理されるので、
教えることこそが勉強になるわけです。

しかも、働いているのでお金を貰いながらですよね。

よくコーチング業界や教育業界では、
「教えている人が一番成長する」
と言われています。

これも今日話していることと同じで、至極当たり前の話です。

教えている人が一番勉強して成長しているというのは、
皮肉でもありますが、教えることの責務でもあるので当然の報いです。

そう考えると、
みんなもアウトプットすればいいだけの話です。

留学している人なら、
同じ留学先にいる日本人に学んだことを教えてみるとか、
そうやって実際に「学ぶと教える」を両輪にするのです。

1人で勉強している社会人なら、
先ほどに言ったようにブログやSNSを作ってみるとかでもいいわけです。

そうやって発信していれば、
いつしか同じように英語を学んでいる人と繋がり、
1人で勉強するという孤独感も解消されます。

アウトプットで勉強にもなるし、
人と繋がり、孤独感も解消されるし、
その他にもメリットはあるでしょう。

SNSのフォロワーが多くなれば、
語学留学とかもインフルエンサー留学と言って、
タダで留学できたりもします。

いや、もうそうなれば最高ですよね。

タダで英語が勉強できるし、
留学もできるし、英語力も上がっていくと。

そして、英語力が上がれば、
人によってやりたいことは違うと思いますが、
可能性の幅がグンと広がっていきます。

かくいう僕も、
英語が喋れるからブログをやっているわけではありません。

今日の話で言えば、
「英語を勉強しているからブログをやっているだけ」
に過ぎないのです。

大前提は自分のためにやっています。

もちろん、それが他人のためにも価値となると分かっているから、
こうやって適切に価値を提供できる手段として、ブログを選んでいるというのもありますが、
自分が学んだことや経験したことを血肉にしたいからアウトプットしてるわけです。

なので、僕に対してのコメントでもいいし、
自分でブログやSNSを作るなど何でもいいんですが、
21世紀の今は簡単に情報発信ができる時代です。

ぜひ、アウトプットして、学びを血肉にしていきましょう。

今日は、この辺で。

無料で英語学習の秘密を明かしました。

こんにちは、ドラゴンです。

現在は、世界を旅しながら、
ビジネスをしている25歳です。

僕は大学の英語の授業が嫌いで大学を中退しましたが、
海外移住を機に英語学習を再開することに。

ひょんなことから、
何ヶ国語も喋る言語学者や同時通訳の神様と呼ばれた人などと出会い、
わずか1年でバイリンガルに成長しました。

今では、その経験を通して、英語を教えています。

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記の記事を読んでみてください。

英語学習で能力開発し、和魂洋才を目指すドラゴンの理念

また、通常価格1650円の書籍が、
いま、期間限定で0円で読むことができます。

詳細は画像をクリック


また、電子書籍を受け取ると、
3000人以上が参加する無料メルマガも読めます。

学べる内容はこんな感じです。

・僕、ドラゴンがわずか1年でバイリンガルになれた秘密

・「聞き流すだけ」で英語が習得できるアレは本当に効果があるのか?

・科学的に大人が子供と同じ方法で英語を習得できない理由

・英語が喋れるように見えている人の英語はカタコトの英語?!

・英文法は覚えれば覚えるほど使えなくなるという罠とその解決策

・英語がペラペラになっても世界で活躍出来ない人の原因

・海外に出た日本人が知らないと恥をかく日本の正しい歴史

・海外で活躍するために必須のコロナ時代におけるビジネスの原理原則

・ 海外の起業家から学んだ自分だけのビジネスを作り個人で生きるノウハウ