【未来形を完全解説】英語における未来を表す4つの表現

どうも、ドラゴンです。

こんな質問をよく頂きます。

英語の未来形ってなん個あるんですか?

確かにおっしゃる通りで、
英語の未来形は非常にわかりづらいです。

超大きくわけると、
英語で未来を表すことができる形は、

・will do
・be going to do
・be -ing

・will be -ing

の4つがあります。

細かく言うと、
実は現在形でも未来を表せたり、
be to構文なるものもありますが、
ここでは一旦置いておきます。

もちろん、これら4つは、
それぞれで異なったニュアンスを持っていて、
使い分けられるとネイティブレベルでしょう。

というより、英語を使う時に、
「結局、どの時制や文法を使えばいいのか?」
ってことが曖昧になっていると思うんです。

だから、英語がスラッと喋れないと。

僕的には単語力とかよりも、
こういった数に限りのある時制や文法などを理解してから、
単語を増やす努力をした方がいいと思っています。

そのためにも、今回は、
「英語における重要な4つの未来形」
について話そうかなと。

この記事だけでも、
英語の未来形がわかるようになります。

それではいきましょうか。

willが表す未来

まずは、1番メジャーな助動詞willから。

willの本質は、
「100%の思い込み」
です。

willが思い込みなもんですから、
そこには根拠や理由などは必要ありません。

単に、そう思っているというだけ。

だから、

「未来がこうなるだろう!」

という「予測」と、

「〇〇は未来にこうするよ!」

という「意図」の2つの使い方があります。

他にもwillは、
習慣や法則も表すことができますが、
ここではあくまで未来についてなので、
習慣や法則に関しては置いておきます。

いずれにしても、
willは100%の思い込みで、
現時点でそう考えているか、
そうしようとしているかってだけです。

例えば、予測(〜だろう)だったら、

You will feel much better tomorrow.
明日にはずっと良くなってるよ。

I’m sure the party will be a big success.
パーティーは大盛況になると思います。

I’ve tried to convince him, but we won’t change his mind.
彼を説得しようとしたけど、決心は変わらないだろうな。

などのように言えます。

話し手によって、
確信や自信の根拠や理由は様々でしょうが、
単なる100%の思い込みです。

とは言っても、話し手自身は、
willを使っている時点では、
「本当にそうなるだろう」
と予測していることは確かです。

明日には体が良くなっているとか、
パーティーが大盛況になるだろうとか、
彼の決心が変わらないこととかに関して、
本気でそういう風に見通しているんです。

むしろ、
それらの未来を見通すという1つの証拠が、
willが付く理由と言ってもいいでしょう。

「おれはそう思ってるんだぜ。」
と。

根拠や理由は人それぞれで不明だけど、
予測に対する自信は一丁前というわけです。

故に、電車のアナウンスは、

This train will arrive at Tokyo terminal in a few minutes.
この電車は後数分で東京駅に到着します。

という風に言います。

車掌さんが経験則的に、
今まで電車が東京駅に着かなかったことがないから、
後数分で着くだろうと自信満々で言っているんです。

もし、自信がないなら、
おそらくmayで言っているでしょうが、
この電車の英語ではあり得ません。

だって、mayで言われると、
「え、“着くかもしれません。”って着かない可能性もあるの?」
って乗客が不安になりますから。

そもそも、こういう助動詞って、
話し手がどう思っているかという主観なだけなので、
そんなに難しいことではありません。

willは大体の場合、
何かしらの根拠や理由があるから自信を持って推測できるし、
逆にそれらがない場合はmayになることが多いですが、

かと言って、根拠や理由がなくても、
「絶対にそうなるんだ!」
と思っているならwillでもいいです。

あくまで、話し手の心理状態がベースということ。

そして、助動詞willは、
予測以外に「意志」としても使えます。

要は「こうするんだ!」ってことですよね。

例えば、

You’ve left your wallet at home? Don’t worry. I’ll lend you some money.
家に財布置いてきたん?心配すんな。少し貸してあげるから。

I WILL marry him!!
私、彼と結婚するし!
※WILLは強く発音します。

OK, OK, I’ll clean my room.
わかった、わかった、部屋の掃除するよ!

とかです。

意志のwillは話し手がその時点で、
「今僕はこうしたいと思っているんだ!」
と100%思い込んでいるのです。

結局、未来になった時点で、
それを実際に実行しているかとかはどうでもよくて、
その時点でそういう意志があるだけです。

なので、未来では、
実行していないこともしばしば。

だから、

I will go to Canada next year.
来年、カナダに行くよ。

という文であれば、
後々に「やっぱ行かんとこ」ってこともできます。

話し手がその時点で、
どう思い込んでいるかなだけなのです。

もちろん、

I’ll open the window.
窓開けるよ。

I’ll get it.
俺が取るわ。

などのすぐにできることは、
瞬時に話し手の意志が変わることは少ないですが、
いずれにしても今そう思っているということ。

また、意志の強さ的には、軽い「するよ」から、
「するんだ!」のように強い場合もあります。

そういう時は、書きならWILLと書いて、
喋りならWILLと強く発音して表現します。

これがwillの全体像です。

be going to doが表す未来

次は、be going to do。

be going to doのイメージは、
「to以下の状況に向かっているところ」
という感じです。

ここから、「原因(〜しそう)」と、
「意図(〜するつもり)」の意味が生まれます。

例えば、「原因」であれば、

It’s going to pour down any time.
今にもザーッて降るよ。

Look. He is going to do some magic.
見て。彼がなんかマジックをやるみたい。

Hurry. We’re going to be late for class.
急げ。授業に遅れちゃうよ。

という感じです。

そのまま進むと、
「to以下の状況に流れていく」
ってことです。

そのままいけば雨になるとか、
そのままいけばマジックをするとか、
要は、to以下の準備段階なんです。

そもそも、be goingというのは、
「存在している、goingという状態で」
というのが正確な意味です。

意味というより、イメージですかね。

じゃあ、どこに向かっているかというと、
それが「to以下の状況」なのです。

だから裏を返せば、
to以下の状況にはまだなっていなくて、
そこに向かっているという感じ。

その流れに乗っちゃてんなって時に、
be going toが使われるというわけ。

これが「原因(〜しそう)」です。

さて、もう1つは、
「意図(〜するつもり)」です。

この意図も結局、
「原因」と同じことです。

ベルトコンベアに乗って、
トコトコと進んでいる感じ。

例えば、
「あー、もうすぐパック詰めされちゃうよー!」
であれば、

実際にパック詰めはされてないけど、
パック詰めされるレーンに乗っているので、
このままいけばパック詰めになると。

パック詰めの部分がto以下で、
ベルトコンベアの部分がbe goingです。

だから、例えば、

Are you going to  attend the party?
そのパーティーに参加するつもり?

I’m going to check out the new bookshop.
新しい本屋さんを見に行くつもりだよ。

も簡単です。

まず、最初は、
「ベルトコンベアに乗って、attendしますか?」
ということ。

相手がベルトコンベアに乗っているなら、
そのままいけば、attendすることになります。

その状態ですか?
ってことを聞いているというわけ。

本屋さんに関しても、
「おれはもうベルトコンベアに乗ってるぜ!このままいけばcheck outできるぜ!」
ということです。

別に物理的な準備とかは関係がありません。

今日、本屋に行くつもりというだけ。

実際に着替えて準備をしているかもしれないし、
まだ、していないのかもしれない。

仮に準備をしていなかったとしても、
時間があって、行こうとしているかもしれない。

いずれにしても、
その意図の実行がいつであれ、
「自覚的にはベルトコンベアに乗っている」
ということが感じられます。

でも、大事なことは、
「まだto以下の状況には至っていない」
ってことですね。

これが、be going toが表す未来形です。

willとbe going toの明確な違い

さて、4つのうち2つを話しましたが、
ここで気になるのがその2つの違いでしょう。

willとbe going to doには、
厳密にどのように違いがあるのか?

それほど神経質になるほどでもないですが、
その違いは驚くほど簡単なので、理解して損はないでしょう。

It will rain tomorrow.
明日は雨だな。

(予測)

It’s going to rain tomorrow.
もうすぐ雨が降るな。

(原因)

willの場合は、単なる予測。

話し手が話している時点で、
別に晴れてても良いし、降っていてもいいです。

根拠や理由などもあってもなくてもいいですが、
話し手自信が「そうなるだろう」と思っているのです。

もし、根拠や理由がないのであれば、
それは希望的観測とも言えるでしょう。

一方、be going to doの場合、
雨が降る(to rain)の状況になります。

厳密にはまだto rainしていないですが、
そのベルトコンベアには乗っていると。

つまり、このままいけば「雨だな」です。

ということは、
雨雲が少し離れたとこにあって、
それを見て言っている感じです。

よくありますよね。

パッと外に出て、
雲行きが怪しかったら、
「あー、なんか雨降りそうやなぁー」
って。

こういう時は、be going to rainです。

他にも、

A : I’m pretty sure my boyfriend is going to dump me. But I love him so much!
私の彼氏、私を振る気だってわかるねん。でも、私は彼が好きやのに!

(意図)

B : OK, calm down. I’ll try to talk to hm out of it.
わかったから、落ち着きーや。俺が説得してみるから。

(意志)

とかがわかりやすいです。

Aでは、to dumpする上で、
もうベルトコンベアに乗っていると。

このままいけば、to dumpになるわけです。

彼はto dumpすると決心して
そこに向かっているという感じ。

具体的にいつとかはわかりませんし、
彼自身もいつかを決めているかどうかは不明ですが、
いずれにせよ、そういうつもりなのです。

一方、Bのwillでは、
「説得するよ」と今決めたのです。

焦燥している彼女を見て、
「彼を説得してみよう!」
と思い立ったわけです。

でも、実際にするかはわかりません。

その時にそう思い込んで、
そうしようとしているだけなので。

もう1つ例を挙げましょう。

A : I’ll help you with your English homework. if you like.
英語の宿題、俺が手伝ってあげるよ。手伝って欲しいのなら。

B : Thanks a lot, but not now. I’m going to play basketball.
まじで助かるけど、今は大丈夫。バスケするつもりやから。

Aでは、「手伝ってあげる」と言っています。

Aは、その時に、
「そうしよう!」
と思い込んでるんです。

だから、後では気持ちが変わってるかもしれないし、
もう手伝わないとかって言い出す可能性もあります。笑

少なくとも、現時点ではそう思っている。

それに対して、Bは、
to playするベルトコンベアに乗っていて、
着々と進んでいるわけです。

このままいけば、「バスケをする」と。

Bはもう準備をしているかもしれないし、
これから準備をするかもしれませんが、
まだ、to playという状況ではありません。

ただ、進んでいるというだけ。

でも、おそらく、
もうすぐ準備をすると思います。

「今はいい、これからバスケをするつもりだから」
と言っているので。

ここからも分かる通り、
be goingしている間の長さは、
文脈によりけりです。

ベルトコンベアに乗っている時間が長い時もあれば、
すぐにto doする場合もありますから。

とは言っても、
ベルトコンベアには大なり小なり乗ってます。

この違いはしっかり感じてください。

be -ingが表す未来

次は、be -ing、
いわゆる進行形です。

これは「予定(〜する予定)」です。

なぜ、そうなるのか?

I’m playing badminton at 3.
3時にバドミントンをする予定です。

I’m having lunch with Keiko on Thursday.
木曜日にケイコと昼食の予定です。

She’s flying to Singapore this Friday.
彼女は、今週金曜日にシンガポールに行く予定です。

ingの基本は「躍動感」です。

すでにその躍動感の状況下にあるのです。

さっきのベルトコンベアで言えば、
もうパック詰めの最中であるということ。

厳密に言えば、
「パック詰めの段階に入っている」
って感じです。

日本人から見た進行形は、
まさにパック詰めの時だと思います。

I’m playing badmintonであれば、
まさにラケットを振り回していると思うはずです。

もちろん、その時でも使えるんですが、
あくまで「その状況下」であるということ。

これが進行形なのです。

日本人から見た期間のレンジより、
実際の進行形のレンジの方が広いんですね。

だから、
まだラケットを振り回してなくても、
be -ingで言えるわけです。

でも、もう間も無くのことだから、
直近の予定を表すことができるというだけ。

もうパック詰めの段階なんだぜ、と。

正直、パック詰めの時間レンジは、
人それぞれです。

だからこそ、
「木曜日にケイコとご飯食べる」
ってことも言えるわけ。

もう少し正確に言えば、
「もう予定として入っている」
という感じなのです。

こういうことを考えると、
be -ingとbe going to doの違いもわかってきます。

be -ingとbe going to doの違い

ずっと言っている、
ベルトコンベアをイメージしてもらえれば、
「be -ingとbe going to doの違い」も、
そんなに難しいことではないと思えるはずです。

be -ingは、パック詰めの段階。

be going to doは、
パック詰めをするためにベルトコンベアに、
乗っているというイメージ。

一方、willは、ベルトコンベアに載せて、
パック詰めしようと決めた段階です。

例えば、

I’m going to leave for London Monday.
月曜日にロンドンに向けて発つつもりです。

I’m leaving for London Monday.
月曜日にロンドンに向けて発つ予定です。

だったらどうでしょうか?

be going toの場合、
ロンドンに行くつもりはあるんだけど、
まだ具体的にはなにもしていません。

そういう「意図」があるだけ。

言うなら、
「もうすぐしたら、チケット買うかー」
って感じです。

もちろん、ベルトコンベアには乗っているので、
このままいけばto leaveすることはその通りです。

でも、まだ準備段階、と。

それに対して、be leavingは、
チケットも手配し、もう進行しているのです。

その状況下にあるのですから。

簡単ですよね。

will be -ingが表す未来

さて、最後に、will be -ingですが、
これはwillとbe -ingがわかっていれば簡単。

さっき言った通り、例えば、

I’m flying to London next week.
来週、ロンドンに行く予定です。

であれば、単に、
「そうした予定である」
と述べているだけです。

それに対して、will be -ingになると、
「その時に起こる出来事を想像して見通している」
というニュアンスが表れます。

なんせ、willは「思い込み」であり、
「そう考えている」ってことですから。

will be -ingは日本語の、
「〜しているところだろう」
ってのが近い表現になります。

This time next week, I’ll be sunbathing on the beach.
来週のこの時間は、ビーチで日光浴しているところだろう。

I’ll be playing golf at 3.
3時にはゴルフをやっているとこだろうな。

これら2つとも、
「be -ingであるとwill(思い込んでいる)している」
ってことです。

因みに、
このbe -ingであるという状態をwillする形は、
「丁寧」な響きを持ちます。

Are you going on a trip this summer?
今年の夏は、旅行に出かける予定ですか?

Are you going to go on a trip this summer?
今年の夏は、旅行に出かけるつもりですか?

Will you be going on a trip this summer?
今年の夏は、旅行にお出かけになりますか?

①は、
「もうすでに旅行の手配をして行くんのか?」
ってこと。

②は、
「このままいけば旅行に行くことになるのか?」
です。

ここまでは簡単ですよね。

でもって、③は、
「今年の夏、旅行に出かけているという状態をあなたは思い込んでいますか?」
という風になります。

そこに思いを馳せて、
考えているのかということを、
聞いているのが③なのです。

直接的な物言いから、
客観的に距離を取って聞いている感じ。

日本語で言うなら、
「そうしたことになりますでしょうか?」
という感じですね。

ここから派生してというか、
このwill be -ingの持つニュアンスを使えば、
まさにネイティブらしい使い方ができます。

それは、
「お願いごとの依頼」
です。

例えば、これとかがそうです。

Will you be passing the post office?
郵便局、通ったりする?

これを日本語で考えてみてもいいですが、
こんな表現を使う時はどんな時ですか?

おそらく、発言者が郵便局に用事があるのか、
郵便局までの道中に用事があるかかなんかでしょう。

要は、
「もし通るなら、ついでにお願いがあるんだけど」
ってことです。

だから、こういう質問をすれば、
おそらく、ネイティブはWhy?と聞いてくるはずです。

それは、

なぜこの人はbe passingすることを、
自分が見通しているのかを聞いてくるのか?
ってことが疑問だから

です。

何か理由はあるはずだけど、
その理由ってなんだろうって感じです。

これができれば、ネイティブ並みでしょう。

さて、以上が4つの未来形についてでした。

これだけでもだいぶ深まったと思います。

何回も読み返してくださいね。

無料で英語学習の秘密を明かしました。

こんにちは、ドラゴンです。

現在は、世界を旅しながら、
ビジネスをしている25歳です。

僕は大学の英語の授業が嫌いで大学を中退しましたが、
海外移住を機に英語学習を再開することに。

ひょんなことから、
何ヶ国語も喋る言語学者や同時通訳の神様と呼ばれた人などと出会い、
わずか1年でバイリンガルに成長しました。

今では、その経験を通して、英語を教えています。

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記の記事を読んでみてください。

英語学習で能力開発し、和魂洋才を目指すドラゴンの理念

また、通常価格1650円の書籍が、
いま、期間限定で0円で読むことができます。

詳細は画像をクリック


また、電子書籍を受け取ると、
3000人以上が参加する無料メルマガも読めます。

学べる内容はこんな感じです。

・僕、ドラゴンがわずか1年でバイリンガルになれた秘密

・「聞き流すだけ」で英語が習得できるアレは本当に効果があるのか?

・科学的に大人が子供と同じ方法で英語を習得できない理由

・英語が喋れるように見えている人の英語はカタコトの英語?!

・英文法は覚えれば覚えるほど使えなくなるという罠とその解決策

・英語がペラペラになっても世界で活躍出来ない人の原因

・海外に出た日本人が知らないと恥をかく日本の正しい歴史

・海外で活躍するために必須のコロナ時代におけるビジネスの原理原則

・ 海外の起業家から学んだ自分だけのビジネスを作り個人で生きるノウハウ