今日で「LとR」の発音をネイティブ並みにする方法

こんにちは、ドラゴンです。

「LとR」違いの話から始まり、
「GLとGR」の話をしてきました。

今日は、その2つの続編です。

全部で三部作ということで、
「LとR」の発音の話です。

題して、
「ネイティブスピーカーばりの発音を手に入れる」
です。

その趣旨はというと、
「LとRの発音を極めよう」です。

まぁ、そんな大事ではないですが、
英語を学習する上でぶち当たる壁かと思います。

この発音がちゃんと出来ないと、
「I love you.」と言いたのに、
「I rub you.」に聞こえかねません。

ちなみに、
「I rub you.」は、
「あなたをこする。」
です。笑

相手をこすってしまわないように、
しっかり発音の基本をマスターしていきましょう。

前歯の裏に舌を付けるとか正直わからんLの発音

Lの発音から話したいのですが、
Lの発音をする時に、どうやってやればいいと教わりましたか?

多くの人は、
「前歯の裏にガッツリ舌を付ける」
って習いましたよね。

正直、僕はこれがよくわかりませんでした。

でも、結論を言えば、
前歯の裏に舌が付いていれば、
自然と綺麗にLの発音は出来ます。

そう、ついていればいいのです。

どうやるかというと、、
「Lの前に小さなヌを入れる意識で発音する」
と良い感じになります。

Lの前に小さなヌを入れることで、
自然と前歯の裏に舌がくっ付いて発音が出来ます。

無理に、ベロベロと前歯の裏を舐める必要はないのです。

例えば、lightだったら、ライトという感じです。

一回言ってみてください。

1回言ってからじゃないと、
この先の話はちんぷんかんぷんに思えるはずです。

僕の場合は、
「全世界で今、ライトと発音してる奴はおれ一人だな。」
みたいに優越感に浸れますけどね。

あ、後、真面目な話になりますが、
僕らは言えない音は聞き取ることが出来ません。

なので、ライトと言って慣れてないと、
もし、ライトというワードが出てきた時に、
Rightかlightが聞き分けれないわけです。

マスターするために、
ちゃんと言ってくださいね、ライトって。

で、ですよ、
要は、Lの単語を発音したい時、
日本語で言えばラ行にあたります。

そのラ行の前に、小さなヌを意識しながら、
Lを発音すると、ネイティブスピーカーのようになれるし、
さっきも言った通り、聞き取り力もアップします。

つまり、
「nら、nり、nる、nれ、nろ」
ですね。

これでLの発音をインストールできるはずです。

ちょっと恥ずかしいRの発音の仕方

次は、Rの発音です。

lightではなく、「right」の方ですね。

正直、大袈裟ぐらいに口を動かした方がいいです。

ネイティブの口を注意深く観察すると、
割とマジで、口が大きく開いています。

その結果、声も大きくなりますしね。

そういった意味で、
Rの発音をする時はちょっと恥ずかしいです。

なぜかというと、
「口を思っ切り、尖らせるから」
です。

Rの発音のポイントは、
「Wを発音する時のように口を尖らせて、小さなウを意識する」
です。

上唇が鼻に付くくらい、
ウを強調してみてください。

そこから、ライトと言うのです。

「right=ライト」ですね。

なので、これからは、

w/ら、w/り、w/る、w/れ、w/ろ」

で言えば、最強です。

ここまでに、「LとR」の綺麗な発音の仕方を言ったので、
もう、ちゃんと「I love you.」を綺麗に言えると思います。

「あなたをこする」とは言わないように。

最後に奥が深い「L」の補足

基礎編は、マスターしたのですが、
実は、もっと奥が深いのが「L」なのです。

Lの後に、母音が後続する場合のLは、
「明るいL(light L、clear L)」と呼ばれたりします。

これはちゃんと前歯の裏に舌が付くLを指してます。

それに対して、
前歯の裏に舌が付かないLってのもあります。

それは、そのまま「暗いL(dark L)」と呼ばれています。

前歯の裏に舌が付かないことによって、
どうなるかというと、Lが母音のUのように聞こえるのです。

例えば、callだと、
コールではなく、「コー」と聞こえますし、
smallも、「スモー」に聞こえます。

他にも、milkとかも。

milkもミルクではなく、
「ミク」と発音すれば、
ネイティブらしくなります。

因みに、暗いLの特徴は、
基本的には母音が後続していません。

まぁ、
あんまりDark Lだの、Light Lだのって、
気ににする必要はないんですけどね。

Lには2通りの発音があって、
こっちは舌が付かない方だな、
くらいの認識でOKです。

はい、というわけで、
これでもう完璧だと思います。

Rもそうだし、明るいLと暗いLも意識すれば、
もう今日からネイティブスピーカーになれます。

恥ずかしがらずにドヤ顔で言ってください。

言いまくってると、リスニングもマジでアップします。

言えない単語は聞こえないからです。

これを話し出すと、別の話題になっちゃうので、
今日はこんな感じで。

第一部と第二部を見てない方、
振り返りたい方はこちらから。

第一部:英語の「LとR」の違いをイメージで捉えると綴りはもう間違えない

第二部:「GLとGR」で始まる単語が持つそれぞれのイメージと簡単な覚え方

無料で英語学習の秘密を明かしました。

こんにちは、ドラゴンです。

現在は、世界を旅しながら、
ビジネスをしている25歳です。

僕は大学の英語の授業が嫌いで大学を中退しましたが、
海外移住を機に英語学習を再開することに。

ひょんなことから、
何ヶ国語も喋る言語学者や同時通訳の神様と呼ばれた人などと出会い、
わずか1年でバイリンガルに成長しました。

今では、その経験を通して、英語を教えています。

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記の記事を読んでみてください。

英語学習で能力開発し、和魂洋才を目指すドラゴンの理念

また、通常価格1650円の書籍が、
いま、期間限定で0円で読むことができます。

詳細は画像をクリック


また、電子書籍を受け取ると、
3000人以上が参加する無料メルマガも読めます。

学べる内容はこんな感じです。

・僕、ドラゴンがわずか1年でバイリンガルになれた秘密

・「聞き流すだけ」で英語が習得できるアレは本当に効果があるのか?

・科学的に大人が子供と同じ方法で英語を習得できない理由

・英語が喋れるように見えている人の英語はカタコトの英語?!

・英文法は覚えれば覚えるほど使えなくなるという罠とその解決策

・英語がペラペラになっても世界で活躍出来ない人の原因

・海外に出た日本人が知らないと恥をかく日本の正しい歴史

・海外で活躍するために必須のコロナ時代におけるビジネスの原理原則

・ 海外の起業家から学んだ自分だけのビジネスを作り個人で生きるノウハウ